スポンサーリンク
生活・生きる力を育てる方法

癇癪持ちの4歳の長男に我が家で実践した対応と学習方法

現在中学3年生になる長男は、癇癪持ちの子供でした。4歳当時に我が家でした対応と学習方法をご紹介します。成長がゆっくりな子供に自信を持たせるために行ったこと、おススメの知育玩具もご紹介していきます。
生活・生きる力を育てる方法

3歳でひらがな・カタカナが読めるようになった!言葉を早く覚える方法

娘は3歳から、ひらがな・カタカナを学び始めて3か月程度で全部読めるようになりました。集中力がなく1つのことを長く続けられない娘が、言葉を早く覚えた方法をご紹介したいと思います。
生活・生きる力を育てる方法

生後半年から始めて超役立った「ねんねトレーニング本」はコレ!

娘が生後半年から始めた「ねんねトレーニング」。その時に役に立った「ねんねトレーニング本」と、家で取り入れたトレーニング方法をご紹介します。その後の娘の様子もお伝えできればと思います。
生活・生きる力を育てる方法

子供が勉強の習慣を身につけるために取り入れた「相談」とは?

家の小学4年生の娘はとにかくのんびり屋さん。急ぐことが苦手でスピードが遅め。そんな娘が毎日の勉強の習慣を身につけるために行ったことは・・・子供への「相談」です。その内容はこちら。
体育の得意な子を育てる方法

手先が不器用な子供が工作の時間に泣かないために家でしたこと

家の4歳の次男は手先が不器用な子供でした。工作の時間があるから幼稚園に行きたくないと泣いたほど。そんな次男にしてみたことと、家で取り入れている早期教育をご紹介します。
生活・生きる力を育てる方法

15分も集中できない子供に紙芝居を作らせてみたらかなり継続できた

家の6歳の娘の得意な事は、空気が読めること。でも、全くと言っていい程集中力がありません。15分と集中できない子供に、家で試した方法は「紙芝居」を作ること。これで集中する時間が長くなり、他の能力を開発するのにも役立ちました。
国語の得意な子を育てる方法

人前で話すのが苦手な子供が音読することで変わった!

家の次女は人前で話すことが大の苦手。人と話すこと自体があまり得意でない様子。そんな人前で話すことが苦手な子供が、毎日音読の習慣をつけることで、授業中に発表することも多くなり、学級委員に立候補するまでに!当時6歳の娘と始めた音読のススメです。
国語の得意な子を育てる方法

4歳児に子供ことわざ辞典を渡したら、難しいことわざもスラスラ

5歳の息子は、難しいことわざもスラスラ出てくるのですが、そのきっかけを作ったのは4歳の時に祖父からもらった子供ことわざ辞典です。気に入ったのか毎日ことわざ辞典を開いています。
英語の得意な子を育てる方法

友達の輪に入れない4歳児が英会話レッスンを始めてみた結果

私の悩みは、4歳の息子がなかなか友達の輪に入れないことです。そんな子供が、周りのペースに乱されずに英会話レッスンを受ける方法をご紹介したいと思います。英語が得意になることで、子供に自信が付けば・・・
プログラミングが得意な子を育てる方法

コミュニケーションが取れない子供のために幼稚園の頃から行っている学習方法

小学6年生になる次女は、人とコミュニケーションを取るのが難しく発達もグレーです。そんなコミュニケーションが取れない子供に家で行っている学習方法、自身を付ける方法をご紹介したいと思います。
3歳にオススメの絵本

「くれよんのくろくん」のあらすじは?2歳の孫に読み聞かせした感想

2歳の孫は「くれよんのくろくん」が大好きで、いつも読み聞かせをしています。「くれよんのくろくん」のあらすじと、読んだ時の孫の反応をご紹介したいと思います。
1歳にオススメの絵本

「ノンタンがんばるもん」で注射を頑張れるようになった!そのあらすじって?

家の娘は「ノンタンがんばるもん」が大好き。1歳から読み始め、3歳の今でも読み続けているお気に入りの絵本です。注射嫌いだった娘が注射を頑張れるようになった!「ノンタンがんばるもん」のあらすじをご紹介します。
0歳にオススメの絵本

「けろけろみどり」は2歳児でも十分楽しめる絵本~かえる好きにオススメ

「けろけろみどり」は2歳の息子の一番のお気に入り絵本です。0歳からのはじめての絵本としてもオススメですが、2歳でも十分楽しめる内容です。けろけろみどりの内容と、楽しみ方をご紹介します。
生活・生きる力を育てる方法

子供が順番を守れない?5歳の男の子に楽しく生活ルールを教える方法

5歳になる双子の弟は、順番を守れなかったり、挨拶ができなかったり、生活ルールを守ることができませんでした。そんな子供に、我が家でやった生活マナーを楽しく学べる方法をご紹介します。
2歳にオススメの絵本

絵本「うしろにいるのだあれ」で子供の空間認知能力を高めるには?

絵本「うしろにいるのだあれ」は家の子供のお気に入り。この絵本の楽しみ方や魅力をご紹介します。「うしろにいるのだあれ」シリーズで一番のオススメは?子供の年齢に合わせて楽しみ方が増える絵本です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました